【クーポン配信だけで終わらせない】来店につながる、クーポン配信後の正しいメッセージング施策とは

 2018.08.02  デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

はじめに

本記事では、LINEを運用している企業や広告会社、これから導入を検討されている企業に向けて、LINEクーポン施策の効果を最大限に引き出すための活用方法についてご紹介します。

LINE上でのクーポン施策について

LINE公式アカウントやLINE@を開設している企業は、LINEのクーポン機能を使用して、アカウントと友だちになっているユーザーにクーポンを配信することが可能です。

好きなタイミングでプッシュ配信ができるため、印刷のコストや配布の手間をかけず、即時の来店促進施策として多くの企業が利用している機能です。また、LINE上で定期的なクーポン施策を行うことで、送客効果だけではなく、LINEの友だち獲得やブロック防止の効果が見込めます。

そんなLINE上でのクーポン施策ですが、弊社が提供するメッセージング管理ソリューションDialogOne®」を使うことで、ただクーポンを配信して終わりではない、より一歩進んだ活用が可能になります。

LINEのクーポン機能でできることをおさらい

LINE公式のクーポン機能では、「一度しか使えないクーポン」や、「期間中何度でも使えるクーポン」を作成し、友だちへ配信することが可能です。一度しか使えないクーポンについては、店舗で従業員が利用するボタンを押すことでクーポンが再利用不可になり、消し込みをすることができます。

また、クーポンについて下記の数値を確認することができます。

  • 表示ユーザー数
  • 使用数
  • 共有数(トーク/タイムライン)

ただし、どのユーザーがクーポンを使ったのか?クーポンを開いたのに使わなかったユーザーが誰なのか?といった情報を把握することはできません。

 

DialogOne®のクーポン機能でできること

弊社が提供するメッセージング管理ソリューションDialogOne®でも、DialogOne®独自のクーポン機能を使用することができます。

DialogOne®のクーポン機能を利用することで、LINEのクーポン機能ではできなかった、

  • ユーザーID単位でのクーポン使用状況の把握
  • クーポンの開封/使用状況に応じたメッセージ配信
  • クーポンとアンケートを組み合わせた来店計測

などが利用可能になります。

また、LINEのクーポン機能が利用できないLINE ビジネスコネクトアカウントをご利用中の企業でもDialogOne®を使用することで、LINE上でクーポン施策を行うことが可能になります。

DialogOne®のクーポン機能を利用してユーザーごとのアクションを把握することで、例えば、クーポンを頻繁に使用する来店頻度の高い「ロイヤルカスタマー」セグメントに向けたアップセルを促進するメッセージングや、クーポンを配信しても何のアクションも見られない「休眠ユーザー」セグメントを除外することで、メッセージの無駄撃ちを減らすことができます。

 

【想定される活用シーン】

クーポンを配信していても使用していないユーザーにリマインドメッセージを送信。
クーポンの存在をお知らせして、来店を促す施策として活用。

活用シーン_01

 

クーポン使用率の高いユーザーだけに限定クーポンを配布。
リピートユーザーを増やす施策に活用。

活用シーン_02

 

クーポンを店頭引き換えしたユーザーだけに、引き換え商品の購入リンクを送信。
サンプリング商品の購買促進やアップセル等の施策として活用。

活用シーン_03

 

クーポンキャンペーンの実施事例と効果

■化粧品サンプリング事例

実際にDialogOne®のクーポン機能を活用したケースをご紹介します。

化粧品ブランドでの事例で、DialogOne®のクーポン機能を使い化粧品サンプリングキャンペーンを実施しました。トークルーム内のリッチメニューから化粧品お試しキャンペーンに応募できます。表示されたクーポン画面を店頭で提示するとサンプルを受け取ることができ、来店促進に大きく寄与する施策となっています。キャンペーン応募の際に、アンケートページを挟むことでキャンペーンに応募したユーザーの情報獲得施策も同時に実行することが可能です。

 

■アンケート併用機能紹介

前述のようにDialogOne®ではクーポンページの前にアンケートページを入れ込むこともできます。アンケートでは性別や年齢、よく利用する店舗などの情報を蓄積することができ、どのユーザーがどこの店舗を利用しているのかといった情報収集が可能です。クーポンページ直前のアンケートはクーポンがインセンティブとなるため回答率が高いのが特徴です。このアンケート機能を用いて来店計測の一環として活用されている場合もあります。

アンケートイメージ

(クーポン・アンケート画面イメージ)

 

DialogOne®でクーポン機能を使うメリットまとめ

DialogOne®のクーポン機能を使うことで

  1. クーポン使用状況のデータがユーザーごとに取得できる
  2. クーポン配布と同時にアンケートによる情報収集ができる
  3. 1・2で取得したデータを基にセグメント配信ができる
  4. セグメント配信によってメッセージングを効率化

といった効果を得ることができます。

このようなユーザーのニーズに沿ったメッセージングを行うためのセグメント配信がDialogOne®を使うことで可能になります。

DialogOne®を使って、ユーザーの反応を意識したコミュニケーションをしてみませんか?

お問い合わせ

RECOMMEND関連記事


RECENT POST「DialogOne®」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!