BIMasters

デジタルマーケティングデータの活用を実現するBI環境を、
導入から管理・運用までをトータルでサポート

BIMastersとは

BIMasters(ビーアイマスターズ)は、DACがこれまで培ってきた豊富なデジタルマーケティングの知見とBIツールにおける数多くの活用実績を活かし、導入コンサルティングから環境構築、管理・運用まで一貫して総合的に支援するBIコンサルティングサービスです。

組織のデータ活用における課題

近年、DX(デジタルトランスフォーメーション)の需要拡大に伴い、
デジタルマーケティング領域におけるデータ活用の重要性が一層高まっています。

一方で、企業が保有する各種データをマーケティング施策へ活用する上で、次のような課題が顕在化しています。


意思決定の速度

意思決定の遅延

手作業でのレポート作成に時間や手間がかかり、データを確認してから意思決定を行うまでにタイムラグが発生している。

データのサイロ化

データのサイロ化

属人的に作成されたデータや組織別で管理されたデータが共有されないなど、社内でデータが分断されており、全社的な意思決定に活用することができない。

データ活用

データ活用度の低さ

過去データや社内外のさまざまなデータが容易に利用できる形で管理されておらず、意思決定に活用できるデータの範囲が限られている。

組織のデータ活用を実現する「BIツール」

「BIツール」とは、
企業に蓄積された大量のデータを集約・分析し、迅速な意思決定をサポートするツールのことです。

手動では膨大な工数を要するデータの収集・整形・統合・可視化を自動化し、
意思決定の迅速化と戦略的業務へのリソースシフトを実現します。


収集

収集

社内で分断されたデジタルマーケティングに活かせるさまざまなデータを効率的に収集し、最大限の自動化を図る。

整形・統合

整形・統合

収集したデータをオンライン上で処理し、エラー検知やマスタ同士の紐づけルールを設けることで属人化を防ぐ。

可視化

可視化

ブランドを横断したモニタリングやセグメント別に設定したKPIのモニタリングを行うことで、迅速な状況把握と意思決定を実現する。

BIMasters利用の流れ

① 要件定義:現状の課題をヒアリングし、BI導入の目的を明確にします。

② 設計  :データに基づくアクションを前提とした利用シナリオの設計と画面設計を行い、利用データを整理します。

③ 構築  :効率的な基盤環境およびダッシュボード環境を構築します。

④ 活用支援:導入後も長期的に活用し続けられる環境を提供し、継続的な活用支援を実施します。

BIMasters利用の流れ

「BIMasters サービス」紹介ページへ

BIMasters ご紹介資料