キャンペーン終了後もブロックされにくいLINEの友だち紹介キャンペーンとは? ―活用事例も併せてご紹介―

 2018.10.25  デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

今回は、LINE公式アカウントの友だち獲得施策としておすすめの「友だち紹介キャンペーン」についてご紹介。実施することのメリットを、実際の事例を交えながらご紹介します。

友だち紹介キャンペーンとは?

「友だち紹介キャンペーン」とは、シェアされたユーザーがコンテンツに対してアクション(動画の視聴完了ボタンのクリック、など)をしたタイミングで、紹介者と被紹介者の双方にポイントなどのインセンティブを付与するキャンペーンです。
友だち同士でシェアしてもらうことで、アカウント認知の拡大と新たな友だち獲得が期待できます。

line-friend-campagin-1

 

特徴とメリット

「友だち紹介キャンペーン」は、キャンペーンに参加したユーザーと趣味嗜好の近いユーザーに、自社アカウントの存在を認知させることができる点が特徴です。

このキャンペーンの活用には
 1. 自社アカウントの友だち以外にも配信内容を届けることが可能
 2. キャンペーン後もブロックされにくい友だち獲得が望める
 3. 無駄のない効果的なメッセージ配信が継続できる
といったメリットがあります。

メリット1:自社アカウントの友だち以外にも配信内容を届けることが可能

通常LINE上でのメッセージは、アカウントと友だちになることを同意したユーザーにしか配信できません。しかし友だち紹介キャンペーンを実施し、コンテンツ等のメッセージ内容をシェアしてもらうことで、アカウントと友だちになっていないユーザーにもメッセージ内容を見てもらうことが可能になります。

line-friend-campagin-2

 

メリット2:キャンペーン後もブロックされにくい友だち獲得が望める

リアルな世界の友だちは、考え方や好きなものが共通することが多いですよね。こういった趣味嗜好の近い友だち同士の間で配信したメッセージをシェアしてもらえるため、ブロック率を低く抑えることができます

リアルの世界でつながっている友だち同士でシェアしてもらえる本キャンペーンは、趣味嗜好の近いユーザーに自社アカウントを認知し友好的(有効的でもあります)な友だちを増やすことが見込まれるため、その後のメッセージ配信を効果的なものにできるのです。

メリット3:無駄のない効果的なメッセージ配信が継続できる

自社アカウントから配信されるメッセージ内容が、ユーザーの趣味嗜好と合致している場合、アカウントがブロックされる可能性は低く、メッセージを読む割合は高くなる傾向があります

反対に配信されるメッセージ内容が、ユーザーの趣味嗜好と合わない場合、キャンペーン目的を達成した後にブロックされたり、メッセージを読まずに削除されたりすることが多くなるのは明らかです。

例えば、ビールが好きな友だちにビールキャンペーンのメッセージを送信した場合と、車が好きな友だちにビールキャンペーンのメッセージを送信した場合では、前者のパターンの方がメッセージへの反応率はいいのは明白かと思います。

たとえ新たに友だちとして登録されたとしても、自分の興味のないビールの情報を配信してくるこのアカウントをブロックすることになるでしょう。

line-friend-campagin-3


効果的なメッセージングを実現するには「確実にメッセージを読んでくれるユーザーをいかに増やすか」がカギとなります。

大量のメッセージを配信していても、実はほとんどのメッセージが読まれていなかったなんてことになったら、配信したメッセージがもったいないですよね。

そういった無駄撃ちをなくし、メッセージ一通あたりの価値を高めるためにも、「友だち紹介キャンペーン」をうまく活用し、積極的にメッセージを読んでくれる友だちを獲得することをお勧めします。

活用事例

ここでは、弊社のメッセージング管理ソリューションDialogOne®で友だち紹介キャンペーンを実施した飲料メーカーの事例をご紹介します。

------------------------------------------------------------
▼実施した友だち紹介キャンペーン内容
・自社アカウントから配信される動画を再生した後、ユーザーが自身のLINEで友だちにシェア。
・シェアされた友だちが動画を再生することで、双方に抽選に応募をすることができるポイントが付与される。
------------------------------------------------------------

キャンペーンを実施した飲料メーカーは、このキャンペーンを実施した2か月の期間中に約32万件の友だち獲得に成功しています。スタンプをインセンティブとしたキャンペーンを実施した場合のブロック率は約75.1%なのですが、今回実施した友だち紹介キャンペーンの場合のブロック率は、約56.5%と20%ほど低いブロック率に抑えられています。

※ブロック率=友だち追加日から起算して1ヶ月間の間にブロックしたユーザー数÷キャンペーン期間中の一か月間で友だち追加かつキャンペーンに参加したユーザー数

友だち紹介キャンペーンの方が、スタンプキャンペーンに比べキャンペーン終了後も継続的にメッセージを受信してくれる友だちを多く獲得できていることが分かるかと思います。


まとめ

友だち紹介キャンペーンがもたらす効果は、

・友だち同士でシェアしてもらうことでより多くのユーザーにメッセージを届けることができる
(認知拡大に貢献)
・友だちの紹介によって趣味嗜好の近いユーザーが集まる
(キャンペーン後もブロックされにくい友だちが獲得できる)
・配信したメッセージがブロックされにくくなる
 (今後のメッセージ配信の効果が高まる)

の3点です。

「もっとたくさんの人にアカウントの存在を知ってもらいたい」
「ちゃんとメッセージを読んでくれる友だちを獲得したい」
そんな悩みに効くLINEの友だち紹介キャンペーンを実施してみませんか?

LINEの友だち紹介キャンペーンは、弊社のメッセージング管理ソリューションDialogOne®を使用することで実施できます。

関連URL

DialogOne®って何が出来るの?― 改めて機能をご紹介―
DialogOne® サービスページ

DialogOne®に関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ

RECOMMEND関連記事


RECENT POST「DialogOne®」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!