企業が「LINE公式アカウント」を使う3つのメリットとは

 2022.02.21  PORTL編集部(トーチライト)

国内のアクティブユーザーが8,900万人、日本の人口約70%が利用しているLINE(※1)
「LINE公式アカウント」は、企業向けサービスの1つであり、生活者と企業が直接接点をもつことが可能なサービスです。

利用企業が増えているいま「なぜLINEを活用すべきなのか」「活用することで企業のメリットはあるのか」など、疑問をお持ちのご担当者さまも多いかと思います。

今回は改めて「企業がLINE公式アカウントを使う3つのメリット」についてご紹介します。

※1:LINE社調べ、2021年9月末現在。
※2:LINEの国内月間アクティブユーザー8,90万人÷日本の総人口1億2541万人 (令和3年4月1日現在(確定値) 総務省統計局)

※3:本記事はトーチライト運営の「PORTL」の記事を一部編集の上、転載する形で掲載しております。

【メリット:1】 顧客との信頼関係を気づきやすい

LINEを活用することで、企業は自社の顧客と1対1のコミュニケーション(One to One コミュニケーション)が可能です。一斉配信ができるほか、チャット機能もあるため、個別の相談や発信をすることもできます。

これまでオフラインでの企業と顧客の関係は、企業が一方的に情報を発信することが主流でした。しかし、最近ではユーザーに合わせたパーソナルなメッセージを配信しなければ、企業価値や効果を上げることが難しくなってきています。 

そんな中、LINE公式アカウントでは、家族や友人に連絡する感覚で、企業へ気軽にチャットのコミュニケーションをとることができます。このように、密接なコミュニケーションをしたりすることで信頼関係を構築しやすいのは最大のメリットです!

また、他SNSはタイムライン上に企業の情報が表示されるため、上下に他のユーザーや企業の情報が目に入りますが、LINE公式アカウントのチャット機能は企業のメッセージのみが表示されるため、ほかの情報に邪魔をされないのもポイントのひとつです。

 

【メリット:2】生活習慣の中に入りやすい

かつて人々のコミュニケーション手段は電話やメールでしたが、今や日本では「LINE」を使用する生活者が増え、欠かせないツールとして確立されています。LINEは友人や家族など利用者同士のコミュニケーションツールや生活に必要な機能を提供することで、様々なシーンで日々利用されています。

しかもユーザーの約8割が毎日LINEを利用しています。この日常生活に溶け込んでいるプラットフォームの中で、友人や家族とコミュニケーションを取るのと同様に、企業からのメッセージをスムーズに受け取ることができます。

LINEを活用することで顧客とフランクな繋がりを持ち、より近い距離で情報を届けることを可能にします。

 

【メリット:3】友だち一人ひとりに合わせたコミュニケーションが可能

顧客のニーズが多様化している現在、同じメッセージを顧客全員に伝えることよりも顧客ひとりひとりに合わせたマーケティングが必要とされています。 

LINEは顧客のデータを活用することで、友だち一人ひとりに合わせた情報発信やコミュニケーションをとることが可能です。顧客との接点が非常に多く、LINE公式アカウントやミニアプリを通して顧客のデータを取得することができることも特徴のひとつです。 

ここ数年、企業におけるデータの管理・活用方法が重要視されていますが、LINEは携帯端末に紐付いてアカウントが作成されるため、顧客毎のデータ(以下、ユーザーID)を管理・使用することができます。 

LINE公式アカウントで発信したメッセージは、メッセージに対するクリックデータや、アンケートの回答データ、流入経路などの計測ができ、これらをユーザーIDに紐づけて取得/管理することも可能です。※修正済※pic_01【A-1】

どのメッセージがユーザーからの反応が良かったのかを確認することもできますし、顧客ひとりひとりのアカウントに対するファン度も測定することが可能です。

例えば、アンケートを実施し年齢に応じたメッセージ配信を行ったり、前回のキャンペーン情報をクリックしたユーザーのみに2回目のキャンペーン情報を送ったりするなど、ユーザーのステータスや属性に合わせた情報発信ができます。

顧客ひとりひとりに合わせたメッセージ配信をすることで、顧客のファン度に合わせた有益な情報を届けることができます。また、これらを実現することで効率的なサイクルを生み出し、マーケティング施策を最適化することが可能です。

関連記事:

DONE-ID連携_UID自社データをLINEでのコミュニケーションに活用するには
顧客が持つデータとLINEのユーザーデータを統合することで、ユーザーに対してLINE上で最適な1to1のコミュニケーションを実現することが可能です。
記事詳細はこちら>>>

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は「企業がLINE公式アカウントを使う3つのメリット」を説明いたしました。
LINE公式アカウントの活用をご検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

なおDACでは、LINEのMessaging API対応ソリューション「DialogOne®」の提供や、企業のLINE公式アカウント運用を支援する「SNS運用コンサルティングサービス」を提供しています。LINE公式アカウント活用においてお困りごとがございましたら、ぜひご相談ください。

※本記事はトーチライト運営の「PORTL」の記事を一部編集の上、転載する形で掲載しております。

関連ページ

関連記事

LINEではじめるLINE公式アカウント『マーケティングDX』-ご紹介資料

RECOMMEND関連記事


RECENT POST「DialogOne®」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!