XmediaOne®のオプションサービス

AudienceOne連携

広告出稿結果のデータとDMPのデータを統合することで、オーディエンスデータを活用した高度なプランニングによるPDCAを実現します。また、XmediaOne®トラッキングと併用することでユーザーアクションと掛け合わせた、ユーザー分析も可能です。

 

xone_op02_2-1

 

 

AudienceOneのご紹介ページはこちら

ブランディング広告効果測定

DACが開発した、WEB上での行動履歴からブランド毎の購買ファネル構造を可視化する分析手法「FAIV (Framework for Audience Intent Visualization)」により、ユーザーが目的に至る過程の目に見えないインテント(意図、目的、意欲など)に応じたファネル階層や構造を可視化し、ユーザーの所属階層の推定や階層ごとのWEB閲覧傾向、広告効果を特定します。

ブランディング広告効果測定

FAIVを活用して、顧客のブランドに対する潜在意欲をモデル化し広告効果を数値化した「HotIndex」は、DACが提唱する全く新しいブランディング広告の効果指標です。

これまでの広告効果指標は、インプレッション数やCTR(クリックスルー率)、CPC(クリック単価)といったものだけでした。HotIndexは、真に価値のある指標を可視化、数値化します。

HotIndexで広告効果をレポーティング

特定の広告に接触したユーザーと接触していないユーザーでファネル遷移率を計測し比較することで、クリックやCVでは捉えきれない広告の全体的なブランドインパクト効果を可視化します。

  • コンバージョンユーザーのオンライン行動を分析し、ブランド関心度で分類したファネル(FAIV)を作成
  • 広告接触/非接触で、経過後のファネル遷移率を比較

ブランディング広告効果測定の詳しい解説はこちら

PC広告、モバイル広告、動画広告の出稿状況調査ツールと連携

「広告掲載面データ」や「広告メニューデータ」をベースとして、広告出稿データを算出します。気になる広告出稿状況を調査し、傾向を分析することが可能です。 また、PCのみならずモバイル(スマートフォン)の広告出稿データを算出や、動画広告における出稿状況の把握や、動画制作を総合的にサポートします。

XmediaOne®ご紹介資料