【徹底解説】Amazonカスタマーレビュー

 2023.03.02  デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

みなさんはAmazonで商品を購入するとき何を見て購入を決めていますか?
"セールによって価格が一時的に安くなっている!"
"欲しい機能が搭載されている! "
など様々な情報を基に買い物をしていると思いますが、中でも多くのユーザーが必ず目にする情報があると思います。

それはカスタマーレビューです。

amazon4

価格がどんなに安く、画期的な機能が搭載されていてもカスタマーレビューの欄に悪いレビューが多く、星評価が低い場合、また、そもそも商品レビューの数が少ない場合は、ユーザーが信頼できる商品かの判断ができず、購入まで至らないことも多いのが実情です。
特に最近の傾向では、第三者の意見に信頼を見出すユーザーが増えており、Amazonの購入者の約9割が商品の星評価3つ未満の商品は検討しないというデータもあります。

amazon5

そのくらいユーザーにとって重要度の高いカスタマーレビューですが、多くの出品者様にとってアンコントローラブルな部分で、長期間かけて商品やサービスを改良していくしかないと思われているのではないでしょうか?
実はカスタマーレビューもしっかりと対策を講ずることで、改善につなげることが出来ます。

今回は評価の高い商品レビューを増やしていく施策をご紹介していきます。
ぜひ最後までご覧ください

 

 

 Amazonのカスタマーレビュー

カスタマーレビューには2種類あり商品レビューと出品者評価があります。

商品レビューとは、多くのユーザーが認知している商品自体に関するレビューです。
一方で出品者評価とは、商品詳細ページには記載されておらず「出品者情報ページ」に反映される出品者に対する評価です。

では具体的に1つずつ説明していきます。

 商品レビュー

商品レビューは商品詳細ページの最下段に掲載されています。
検索結果ページや商品詳細ページの商品タイトルの下には簡略化された星評価とカスタマーレビュー数が表示されており、クリックすると商品詳細ページへ飛ぶことができます。

amazon6

また、カスタマーレビューはAmazonで商品を購入していなくても一般アカウントを保有してさえいれば投稿できるという特徴があります。
購入していないユーザーからの評価ばかりあってはレビュー自体の信頼性がなくなってしまうと思われるかもしれませんが、購入していないユーザーから短期間に多数の投稿が発見された場合や悪質なレビューなどは、Amazon側で削除され、Amazonで購入されたユーザーのレビューのみ掲載する措置をとることがあります。

 

出品者評価

出品者評価は商品詳細ページの販売元・出荷元をクリックし「出品者情報ページ」から確認することが出来ます。

amazon7

ただし、Amazonが販売・出荷を行っている場合は、出品者レビューはないためAmazonにフィードバックやコメントを送りたいときには、直接Amazonに連絡することになります。

出品者評価はカスタマーレビューに比べ認知はないものの、配送や包装、商品到着時のコンディションなどの、商品自体ではなく出品者自体の評価を確認することが出来ます。
出品者としては、商品の質のみでなく配送サービスや梱包のサービスの質を向上させることで評価を上げていくことが重要になります。

 

 

カスタマーレビューを増やすメリット

カスタマーレビューを増やすとともに、評価を上げていくメリットを4つ紹介していきます。

①ユーザーの購買率向上
この点に関しては説明してきましたが、やはりカスタマーレビューの多さと高評価はユーザーに安心感と信頼を与えることができ購買に繋がる重要な要素となっています。

②流入数増加
Amazonで商品を検索する際には、様ざまな検索フィルターをかけることができます。
その中にカスタマーレビューの評価を○○以上と絞ることが出来るため、レビュー評価を高く維持していくことで、商品の露出機会を増やしていくことが出来ます。amazon8


③カート獲得率の向上

別の記事でも解説してきましたが、
Amazonでは商品ごとに商品詳細ページがあるのではなく
1つのASINにつき1つの商品詳細ページという構成になっています。

そのため1つの商品詳細ページで大きく表示される出品者は1つとなります。
その状態のことをAmazonではカート獲得と呼び、カート獲得している状態と、カートが落ちている(他出品者として小さく表時)状態では購買率が大きく異なります。

カート獲得の条件はいくつかありますが、中には注文不良率という判定基準があります。
出品者評価はまさに注文不良率に影響するため、配送・梱包サービスの質向上は必須となります。

④掲載枠上位表示
Amazonの検索結果ページでは無数に商品が表示されるため掲載枠の上位表示を狙うことは露出の機会を増やし、閲覧数・購買率を上げる重要な要素となっています。
掲載枠の順位は商品の注文数や購買率などの条件から決まりますがカスタマーレビューの評価、レビュー数も含まれています。

 

 

カスタマーレビューを増やすためには

カスタマーレビューを増やす方法は主に3つの方法があります。

商品・サービスを改良する

とても基本的で前提のような方法ですがレビューの評価を上げるためには、
商品や配送、梱包などのサービスを改良し良いレビューが増えていくことが前提としてあります。

②フォローメールを送る

フォローメールとは商品を購入したユーザーに対してレビュー投稿の依頼をするメールを指します。

Amazonユーザーの中で、能動的に商品レビューを投稿するユーザーは1%程度といわれています。
しかしフォローメールでレビュー投稿の依頼をすることで、レビュー投稿は約4%まで増加が見込まれます。
禁止事項としては報酬やクーポンなどを利用した依頼や高評価を促す依頼などは禁止とされています。

AmazonVine先取りプログラムを利用する

AmazonVine先取りプログラムとは、Amazonによって選出されたトップレビュアーの方々に商品を無償で提供し体験していただく代わりに、レビューを書いていただくプログラムです。

必ずしも高評価のレビューを獲得できるわけではありませんが、Amazonの誰でもレビュー投稿ができる仕様を加味すると適当なレビューや悪質なレビューは投稿されず、ユーザーのリアルな声を把握することのできる有効なプログラムとなっています。
利用料金はセラーとベンダーで異なっています。

・セラー:1ASINにつき「22,000円」の登録手数料+商品登録手数料
※レビューが投稿されていない場合や、商品をAmazon Vineメンバーに公開した日から90日経過後にレビューが投稿された場合は、登録手数料は請求されません。
※手数料は、ASINごとに最初のAmazon Vineレビューが公開された日から7日後に請求されます。

・ベンダー:1ASINにつき「165,000円」
※プログラムの最初のレビューが、Amazon Vineメンバーが商品を入手できる日から90日以上経過してから公開された場合、登録手数料は請求されません。
※手数料は、親ASINごとにその商品の最初のAmazon Vineレビューが公開された日から7日後に請求されます。

最後に注意点としてプログラムにはいくつか利用条件がありますのでいくつかピックアップしてご紹介します。
・商品レビューが30件未満
・Amazonブランド登録があるASINのみ利用可能
・FBA出品商品である
・在庫がある

詳細に関しては下記Amazonのリンクからご参照ください。
https://sellercentral.amazon.co.jp/help/hub/reference/external/G92T8UV339NZ98TN

 

 

おわりに

今回はAmazonのカスタマーレビューについて解説していきました。
カスタマーレビューがAmazon内でどのような影響を与えるのか、カスタマーレビューを増やすためにはどのような方法があるのか理解を深めていただけましたか?
ぜひ本記事を参考にご活用いただけますと幸いです!

DACでは、Amazonを始めとするECモールの活用や、オウンドサイトの活用など、Eコマースにおけるマーケティング施策に関するご相談もお待ちしております。
是非、お問い合わせください!

 

<< 前ページ

この記事の執筆者

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

アドテクノロジーやデジタルマーケティングに関する情報を提供します。

アドテクノロジーやデジタルマーケティングに関する情報を提...

RELATED ARTICLES関連記事


CROSS COMMERCE Studioお問い合わせ
この記事が気に入ったらいいねしよう!