コンテクスチュアルターゲティングとは

コンテンツの文脈(コンテキスト)を読み取って分析し、その内容に合わせて広告を配信するターゲティング手法。ユーザーは閲覧しているページ内容に興味がある、という仮説から、関連性の高い広告を表示させることで、興味のある広告と接触させることができる仕組みである。

仕組み自体は新しいものではなく、2000年頃に登場してからユーザーターゲティングが確立するまで「コンテンツ連動広告」として存在していた。

最近になって改めて注目されたのは、3rd Party Cookieへの制限が強まっていることでユーザーターゲティングが困難になり、3rd Party Cookieを利用しないターゲティング手法としてコンテクスチュアルターゲティングである程度補うためである。また、コンテキストを分析することでコンテンツの安全性なども判断できるため、ブランドセーフティの観点でも採用される理由となっている。

関連リンク:

関連用語:

お問い合わせ