運用型広告の研修サービス

インターネット広告の基本から、運用型広告の実践まで、多彩な研修プログラムを提供しています。

運用型広告の研修サービスとは?

DACでは国内最大規模のトレーディングデスク体制を備え、運用型広告における広告効果の最大化に取り組んでおり、その経験や知見を活かした教育専門チームを備えています。運用型広告の普及当初から、開発・改善を続けてきた教育プログラムを、社外の広告会社様・マーケティング事業者様向けの研修サービスとして提供します。

運用型広告の研修サービス ご紹介資料

デジタル人材の教育課題

企業のマーケティング活動において、デジタル化の進展は大きなチャンスとなる一方で、デジタル人材の採用や育成は容易ではありません。社内のプロフェッショナル人材には業務が集中しがちで、教育にリソースを割くことが難しく、結果的に新入社員や中堅社員の教育が疎かになるケースも生まれています。当社でも、新入社員や異動者の教育が大きな課題となる中で、ネット広告や運用型広告の教育に関する、組織的な体制とプログラムの構築を進めてきました。

デジタル教育における課題

 

TechAcademyとオンライン研修を共同開発

DACでは、こうした業界各社の教育課題に対応するため、グループ会社であるキラメックス株式会社が提供するオンライン研修システム「TechAcademy」を活用し、DACが持つ教育プログラムのオンライン化を行いました。これにより、運用型広告を扱う上で必要な知識全般の習得と、業務ディレクションスキルの習得を、各社のタイミングや、一人一人の空き時間に合わせて進めることができます。

サービス主体者の概要

 

実務に対応するための機能が充実

オンライン研修の各講義は、図解が豊富なテキストと、講師によるワンポイント動画、理解度テスト/個人ワークで構成され、日々の疑問や質問には現役の運用者である認定講師がオンラインでサポートします。実際にチームで課題に取り組む集合型のグループワーク(会場はDAC東京本社)も定期開催し、読書や動画視聴では得られない、実務に対応できるスキルの習得を目指します。個人の受講進捗やテスト結果は、人事担当者やマネージャーにリアルタイムに共有が可能なため、社内研修にありがちな「視て終わり」「聴いて終わり」といった形骸化を防ぐ研修管理が可能です。

オンライン研修の主な機能

運用型広告コンサルティングコースの概要

近年の運用型広告への対応のために必須となる、検索連動型広告(Google/Yahoo!)、ソーシャルメディア(Facebook/Instagram/Twitter/LINE)、運用型のディスプレイ、動画広告についての知識を習得し、運用・分析の方法、レポーティングの方法についても、グループワークや個人ワークを通して学びます。業界未経験者向けのマーケティング、インターネット広告、プランニング方法等の基礎講義も充実しているため、デジタルマーケティング全般の新人研修にもご利用いただけます。

運用型広告実践コースの概要

 

様々な教育ニーズにも対応

DACでは、オンライン研修だけでなく、初歩的なインターネット広告や運用型広告の知識習得を目指す短期集合型研修、各社の要望に合わせてカスタマイズする出張型研修等、業界の教育ニーズに合わせたサービスを取り揃えております。各研修サービスの詳細や費用等、以下よりお気軽にお問い合わせください。

運用型広告の研修サービスのご紹介資料