CDP/プライベートDMP とは?

CDPとは?

CDP(カスタマー・データ・プラットフォーム)とはプライベートDMPとも呼ばれ、一般的に、各社が独自に蓄積していた顧客に関するデータを管理するプラットホームのことです。嗜好性やライフログなど生活者(顧客)全体を取り囲む様々なデータを活用し、生活者を中心に捉えたマーケティング活動を実現します。

CDPの特徴とデータの種類

CDPの最大の特徴は、自社でもつ生活者(本人)データを、より詳細なプロファイル情報や行動データを紐付けることで、広告配信や顧客向けサービスのデータとして活用できる点です。

CDPの活用対象となるデータ種別

自社データとして保有する顧客データ「氏名」「年齢」「生年月日」「性別」「購買履歴」などに加え、「自社サイトアクセスログ」や「モバイル使用データ」などのマーケティングデータ、さらには外部サービスとの連携により「店舗チェックイン」や「クーポン利用」など情報を結びつけて、顧客行動を把握し、広告・マーケティングの施策に利用します。

CDPの構築とデータ活用

自社で保有するデータをCDPとして活用するためには、複数の情報システムに点在するデータを紐づけ、一元管理する必要があります。CDP自体は箱であるため、社内のデータを箱に格納するだけではデータを活用することはできません。それぞれに独立したデータを紐づけてデータの分析を行い、活用先と連携することで初めてさまざまな施策を実行することができます。

CDPのデータ格納イメージ

DACが提供するCDP

DACでは、CDPの構築、システムインテグレーションを行います。さらに国内最大級のDMP「AudienceOne®」を利用して、より効果的なデータの利活用を実現します。

DACが提供するCDP

 

DACが提供するCDPの事例はこちら