ゼロパーティデータとは

ユーザーが何らかの対価を得ようと自ら広告主に提供する情報。
「同意を得た1stパーティデータ」とも解釈される。調査企業のフォレスターが2018年11月に命名した用語。

GDPR(EU一般データ保護規則)やCCPA(カリフォルニア消費者プライバシー法)に見られるように、データに関する同意の必要性が重要度を増す中、ゼロパーティデータはプライバシーを守りつつ、精緻な情報を収集する手法として推進する企業もある。

関連用語:

CMP(コンセント・マネジメント・プラットフォーム)
Cookie(クッキー)
オプトアウト
1stパーティデータ