プライベートエクスチェンジとは

媒体社と広告主を限定したプライベートマーケットプレイスにおける取引。アドエクスチェンジの利便性を活かしながら、媒体社は安定した広告枠の単価を担保し、広告主はブランドイメージを毀損することなく、プレミアム広告枠を確保できるといったメリットがある。

取引形態としては、
(1)媒体社が広告枠(広告在庫)の単価を固定して予約型で取引するもの、
(2)媒体社が広告枠(広告在庫)の単価を固定してリアルタイムで取引するもの、
(3)媒体社が広告枠(広告在庫)の単価を固定せずに特定の広主のみがオークション型で取引するものがある。

関連URL:

【前編】プライベートエクスチェンジの重要性、そして媒体社の収益向上に必要なこと―対談:ATARA 有園氏×DAC CMO 徳久
【後編】プライベートエクスチェンジの重要性、そして媒体社の収益向上に必要なこと―対談:ATARA 有園氏×DAC CMO 徳久

関連用語:

アドエクスチェンジ
プライベートマーケットプレイス