クロスデバイス

サービスやコンテンツを閲覧したという情報が、スマホやPC、タブレットなど複数のデバイスを超えて引き継がれること。
クロスデバイス計測とは、複数のデバイス間をまたいで効果測定をすることを指す。現代では、ユーザーが環境ごとに使用するデバイスを変えることが多く、一つのデバイスだけで商品購入プロセスを完了させることは少ない。そのため、現代のマーケティングにおいては、ユーザーの行動をデバイス間をまたいで計測することが必要不可欠となっている。

関連URL:

関連用語: