arc publishing の機能紹介

arc publishingでは、記事作成や写真・映像素材をインターネット上で管理します。
紙媒体は記事の掲載先の一つとして位置づけ、WebサイトやSNSなどの各デジタルプラットフォームに
リアルタイムで入稿することにより、高循環での記事掲載が可能となります。

arc publishingの機能紹介

「Composer」
-記事作成・編集-

arc publishingの起点となる記事の作成・編集ツールです。
リストや入力画面上のボタンから直感的に素材(URL、SNS、写真、動画など)の挿入や記事フォーマットの変更が可能です。編集画面上にコメントを追加することで、コミュニケーションも容易に実現できます。

「Composer」-記事作成・編集-

「Websked」
-出稿スケジュール・業務フロー管理・ダッシュボード-

記事コンテンツの企画・業務フロー管理ツールです。
作成予定の記事や作成された記事の内容、タスクなどを全体で共有することができます。
また、各業務担当者に対して記事単位でタスクを依頼することや、媒体担当者に対して作成した記事の掲載カテゴリを提案する「売り込み」が可能です。
ダッシュボードでは、記事の業務フローの統計情報を可視化しています。
記事の作成状況を数値化することで、記事作成の計画や記事の収集などの全体進捗を確認することが可能です。また、記者ごとに締切厳守の正確性や作成した記事数などを可視化することで、働き方や生産性の最適化を図ることができます。
状況を一目で把握し、個人、またはチーム全体での生産性を向上させます。

「Websked」-出稿スケジュール・業務フロー管理・ダッシュボード-

「Pagebuilder」
-Webページレイアウト-

Webサイト作成ツールです。
記事、ニュース、コラムなどあらゆるページジャンルに対応しています。
モジュール(パーツ)を作成し、組み合わせることでサイトやページレイアウトを構成します。
実際のページレイアウトの状態で確認しながら、画面表示パーツの追加/削除、ドラッグ&ドロップによる配置の変更でページの構築が可能です。

他にも、写真・動画管理ツール、SNSなどのプラットフォーム連携、A/Bテストなど、豊富な機能を取り揃えています。

「Pagebuilder」-Webページレイアウト-

「Broadcast」
-ライブストリーミングシステム-

ライブストリーミング配信機能、VOD素材の入稿・配信機能です。
スマートフォンアプリからライブストリーミング配信や動画コンテンツの素材を入稿することで、時間や場所を問わず、手軽で迅速に動画コンテンツの配信を行うことができます。

またYouTubeやFacebookなど複数の外部プラットフォームへ同時にライブストリーミング配信を行うこともできます。

「Broadcast」-ライブストリーミングシステム-

arc publishing ご紹介資料