今さら聞けない!タグマネージャーとは?~導入メリットと主要ツールの紹介~

 2020.10.16  デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

デジタルマーケティングの世界では、サイト訪問者の行動や広告媒体のデータなど多くのデータが取得されています。そのデータの多くは、各ツールや広告媒体から発行された「タグ」をサイト内に設置することで収集されます。

本記事では、タグの設置を容易かつスピーディーに行うことを可能にする「タグマネージャー」についてご紹介します。

タグマネージャーとは?

Webサイト訪問者のサイト内行動のデータ取得や、出稿している広告媒体のデータ取得など、Webサイトには様々なデータを取得するための「タグ」が設置されています。

計測しているタグや出稿している広告媒体が多ければ多いほど、タグが増えて管理が煩雑になりがちです。タグマネージャーとは、そのような複数のタグを一箇所に集約して管理を容易にするツールのことを指します。

タグマネージャー導入のメリット

タグマネージャーを導入するメリットとして、以下の3つがあげられます。

・複数のタグを一括で管理できる
タグの設置・削除に伴うWebサイトの更新が不要
・タグの設置・更新・削除の反映がスピーディーに実施可能

・複数のタグを一括で管理できる

通常、Webサイトの計測ツールのタグや広告媒体のタグは、計測を行いたいサイト内のページにツールや媒体側で発行されたタグを設置することによって、データの取得が行われます。

TOPページや商品詳細ページなどページ内容が変わると、取得するデータも変わるため、「TOPページ用のタグ」「商品詳細ページ用のタグ」など同じ計測ツールのタグや広告媒体のタグ数も増え、タグ管理が煩雑になる可能性があります。

しかし、タグマネージャーを導入することで、今までページ内に直接設置していた計測ツールや広告媒体のタグをタグマネージャー内で設定することができ、設定したタグをタグマネージャー上で一括管理ができるようになるため、Webサイトに設定されているタグの把握がしやすくなります。

・タグの設置・削除によるWebサイトの更新が不要

先程ご紹介したように、タグは計測するサイト内のページに設置する必要があります。そのため、各ツールから発行されたタグを設置した後は、ページを最新のものに更新する必要があります。

しかし、タグマネージャーを導入することによって、各ツールから発行されたタグはタグマネージャー内に記述され、またページにはタグマネージャーのタグが設置されるようになるため、一度タグマネージャーのタグを設置すると各ツールにおけるタグの追加・削除に伴うWebサイトの更新が不要になります。


・タグの設置・更新・削除の反映がスピーディーに実施可能

タグマネージャー上に各タグを記載し、記載した内容の反映もタグマネージャーの管理画面上から行えるため、タグの設置や更新・削除に伴うサイト管理者とのやり取りが不要となります。また、タグマネージャー上でのタグ公開も簡単に実施できるため、ページへの反映を非常にスピーディーに行うことが可能です。タグの修正・ページ更新の繰り返しによる、ページソースの先祖返りなどといったトラブルのリスクも回避できるようになります。

各タグマネージャーの紹介

Google Tag Manager(GTM)

Google Tag Manager とは Google が提供するタグマネージャーです。
特長としては、Google Analytics や Google 広告 といた Google が提供しているアクセス解析ツールや広告媒体の計測タグをはじめ、そのほか多くの広告媒体のタグテンプレートなどが豊富に用意されています。タグの発火条件の指定に関しても、サイト訪問者のページ内行動をもとにした条件指定を容易に行うことができます。また、WebサイトページだけではなくAMPページやiOS、Androidなどといったアプリのサポートを行っていることも、Google Tag Managerの特長です。

Adobe Launch(旧 Dynamic Tag Manager)

Adobe Launch(旧 Dynamic Tag Manager)はアドビが提供するタグマネージャーです。アドビのマーケティング関連製品(Adobe Experience Cloud)の利用契約を行うことで、無償で提供される付属の機能となっています。Adobe Launchの特長としては、アドビ製品の各ツールのタグ導入を容易に実施できること、サイト訪問者のページ内行動をもとにしたタグの発火条件が豊富に用意されていることなどが挙げられます。また、タグの公開フローにおける管理機能が備わっているため、タグの公開管理を行いやすいといったメリットもあります。

Yahoo! Tag Manager(YTM)

Yahoo! Tag Managerはヤフージャパンが提供するタグマネージャーです。
Yahoo!広告(検索広告、ディスプレイ広告)の広告主であれば基本無償で利用することが可能です。特徴としては、Google Tag Managerと同様に、Yahoo!以外の広告媒体のテンプレートが豊富に用意されており、各タグの設定も容易に行うことができます。

Intelligent Tag Management(ITM)

Intelligent Tag Management(以下、ITM)は、DACが提供するDMP「AudienceOne®」が有するタグ管理機能です。ITMを利用することで、AudienceOne®で情報収集したい対象ページを、URLやタイトル、JavaScript変数などを利用して指定できるほか、外部ツールとの連携のためのタグ、スクロールなどのイベント計測タグの設定も可能です。ITMはAudienceOne®を利用していれば、追加手続き不要で利用できます。詳細はITMの紹介記事をご覧ください。

 

ワンタグコンバーターについて

ワンタグコンバーターとは、「Google タグマネージャー」「Yahoo! タグマネージャー」「Intelligent Tag Management」などの主要なタグマネージャーの設定を可視化するツールです。本ツールを利用することで、管理画面上では一元的に把握することが難しいタグマネージャーの設定を、Excel形式でアウトプットすることによって、タグの細かい設定まで参照することが可能です。こうした設定の可視化により、タグの干渉や設定の不備を防ぐことができます。また、タグを正確に設置することで、データ収集の向上を可能にするほか、タグを整理するリソースの削減も期待できます。

まとめ

現在、デジタルマーケティングに関する様々なツールや広告媒体が日々増えている中で、一つのサイトや一つのページに多くのタグを設置することが当たり前となっています。そういった状況のなかで、ツールや広告媒体のタグ管理やタグの導入などに課題をお持ちの場合は、ぜひタグマネージャーの導入をご検討ください。

また、タグマネージャーを導入することで、タグの管理が容易にできたり柔軟なタグの発火設定が可能となる一方で、タグマネージャーでの発火設定などに課題を持つ企業様も多いのではないでしょうか。DACではタグマネージャーの導入や運用サポートの実績が数多くありますので、お困りの際はぜひお問い合わせください。

関連記事

関連URL

Web解析コンサルティングサービス

RECOMMEND関連記事


RECENT POST「TagMasters」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!