エンジニアに向けて効率的に広告配信!Qiitaデータを活用したターゲティング方法のご紹介

 2019.03.28  デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

先日、プレスリリースも発信しましたが、「AudienceOne®」の「DataExchange」サービスにおいて、プログラミングに特化した情報サイト「Qiita(キータ)」のデータ販売を開始しました。これにより、「Qiita」を利用しているエンジニアやデザイナーに対し、さまざまな広告プラットフォームで広告配信を行うことができるようになりました。

今回は、Qiitaデータの活用方法について、ユースケースを交えながらご紹介します。なお、DateExchangeサービスに関しては、以下をご参照ください。

参考記事

2ndパーティデータを活用し、効率的な広告配信を実現!AudienceOne® データエクスチェンジサービス


Qiitaとは

「Qiita」は、プログラミングに特化した情報共有コミュニティサイトです。20~30代のエンジニアやデザイナーを中心としたユーザーに利用されており、月間548万UU、4,800万PV規模のサイトです(2018年12月時点)。国内プログラマ人口の増加に連動し、年々、右肩上がりに成長しています。

Qiitaとは

また、プログラミング技術の参照目的でIT系のエンジニアから圧倒的に支持されており、一説によると、国内プログラマほぼ100%が利用しているとも言われる、エンジニア御用達のサイトです。弊社でもエンジニアメンバーがQiitaに寄稿しています。


Qiitaデータで出来ること

Qiitaの閲覧情報に基づき、職種(エンジニア/デザイナー)や、使用しているプログラミング言語、使用ツール等での広告配信が可能となりました。

  1. 「エンジニア」や「デザイナー」に向けた広告配信
    Qiitaの閲覧情報を用いて、「エンジニア」「デザイナー」職のセグメントをご用意しました。
    月間548万UUのデータを基に開発したセグメントのため、拡張をしなくても十分な配信量が見込めます。

  2. 「Python」「AWS」等の記事閲覧者に向けた広告配信
    Qiitaの閲覧情報を用いて、使用言語やエンジニア向けサービスのセグメントを複数ご用意しています。アプローチしたいユーザーのスキルが明確な場合に、ピンポイントに広告配信することができます。

連携により可能になったこと

想定されるユースケース

シンプルにQiitaセグメントのみを活用した広告配信でも、十分に特徴的なユーザーにアプローチできます。より明確なペルソナをお持ちの企業様は、Qiitaセグメントと、AudienceOne®の推定データ等を掛け合わせてご利用いただくことで、更にペルソナに近いユーザーへ、効率的にアプローチすることが可能です。

  1. 人材会社:若手エンジニアの獲得施策
    Qiitaの「エンジニア」セグメントと、AudienceOne®の「推定年齢」のデータと掛け合わせることで、「若手のエンジニア」にアプローチが可能です。

  2. エンジニア向けツール提供会社:技術部門の決裁者への認知度向上
    Qiitaの「エンジニア」セグメントと、AudienceOne®の「推定の管理職者」のデータを掛け合わせることで、「エンジニアで、かつ決裁者である可能性が高いユーザー」にアプローチできます。

想定されるユースケース


まとめ

Qiitaデータの活用により、エンジニアやデザイナーへの効率的なアプローチが可能になりました。ユースケースでご紹介した業界に限らず、エンジニアが好みそうなITガジェット商材の訴求や、プログラミングスクールの訴求などにも活用できるデータです。
ご興味がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連URL

AudienceOne Connect® / Data Exchange に関するお問い合わせはこちら
AudienceOne® Data Exchangeサービスサイト
DACが展開するDMP「AudienceOne®」の「Data Exchange」サービスに、プログラマ向け技術情報共有サイト「Qiita」がデータ提供を開始 ~エンジニアやデザイナーに向けた広告配信が可能に~

関連記事

2ndパーティデータを活用し、効率的な広告配信を実現!AudienceOne® データエクスチェンジサービス

AudienceOne Connect のご紹介資料

RECOMMEND関連記事


RECENT POST「AudienceOne®」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!