顧客像を可視化し、ターゲットに合ったアプローチを実現!DMPと連携させた「マーケティングリサーチ」の活用術

 2020.10.14  デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

皆さんは、こんな悩みをお持ちではありませんか?

「新しい戦略ターゲット像を発見したい」
「ターゲット像はあるが、どうアプローチすればよいか分からない」

新しい戦略ターゲット像の発見やターゲットへのアプローチ方法の策定には、『マーケティングリサーチ』の活用が有効です。『マーケティングリサーチ』を活用することで、これまで見えていなかったユーザーの可視化や可視化されたユーザーに対する個別のアプローチなどを行うことが可能です。

本記事では、そもそもマーケティングリサーチとは?から、『マーケティングリサーチ』の活用方法として、AudienceOne®と連携をしているクロス・マーケティンググループのディーアンドエム(以下D&M社)のパネルモニターデータを組み合わせた手法についてご紹介します。


 マーケティングリサーチとは

マーケティングリサーチは、「マーケティング活動の中で発生する課題に対するデータを、様々な手法を用いて収集・分析を行うもの」です。市場機会の発見やブランド浸透度や広告効果測定など、様々な観点で事業の意識決定や振り返りのヒントを得ることが可能です。

アンケート_00

大企業においては、業務が細分化され、リサーチを実施するのは限られた部門の話のように思われてしまうかもしれませんが、同じ企業でも部署が異なると役割・プロジェクトのゴール・KPIが異なり、PDCAの着眼点も見ているデータも異なってきます。「生活者の声を聴く」という業務プロセスの重要性も異なってきます。

変化の大きい今だからこそ、もっと顧客の声・競合のお客様の声・ターゲットの声を聴くということを、業務プロセスに取り入れてはいかがでしょうか。

次項からは、マーケティングリサーチ(アンケート)の具体的な活用方法例についてご紹介していきます。

 

『マーケティングリサーチ』を活用した「分析」

1つ目は『マーケティングリサーチ』を活用した「分析」です。

アンケートの実施結果をもとにAudienceOne®上でセグメントを作成することが出来るため、セグメント毎にどのようなことに興味関心があるのか、逆に関心がないのか?を可視化することができます。自社クライアントのペルソナを可視化したり、CV見込みの高いユーザーの特徴(属性、興味関心)を炙り出したり、ターゲットと相性の悪い特徴を見つけたりすることが可能です。

たとえば、アンケートで自社のサービスについて認知有無を確認し、サービス認知がある層とサービス認知がない層のセグメントを作成します。そのセグメント毎に分析を行うことで、興味関心の傾向が高いカテゴリを可視化することが出来ます(図の場合は、金融/ローンや自動車購入)。逆にサービス認知がない層が、強い興味を持っているカテゴリを可視化することも可能で、可視化した結果は様々なマーケティング施策で活用することが出来ます。

アンケート_01

 

『マーケティングリサーチ』を活用した「広告配信」

2つ目は『マーケティングリサーチ』データを活用した、広告配信です。

クロス・マーケティンググループのD&Mが提供する「パネルモニターデータ」は、AudienceOne® DataExchangeにて販売を行っています。DataExchangeを活用することにより、AudienceOne®と連携している様々な広告プラットフォームを通じて、パネルモニターデータによる柔軟かつ幅の広いセグメント群へ広告配信を行うことが可能です。

2でご紹介した「サービス認知層」「サービス非認知層」の分析結果も広告配信に活用することが可能で、ロイヤリティーの高い層や競合商品検討層など、カスタムした『マーケティングリサーチ』を実施することにより、ピンポイントにターゲットユーザーへ広告配信を行うことが可能です。また、ターゲットのボリュームが少ない場合でも、AudienceOne®独自の拡張ロジックによりボリュームを担保した配信を行うこともできます。

アンケート_02

 

自社サービス接触者に対する『マーケティングリサーチ』

3つ目は、自社サービス接触に対する『マーケティングリサーチ』です。
プレスリリースでも配信させていただいていますが、AudienceOne®ではD&Mが提供するDIY型アンケートサービス「Qwantz」との連携を開始しました。

「Qwantz」は低コストでのアンケート実施、実施から結果反映までの迅速性、利用者が操作する管理画面の簡便性を特長としているDYI型アンケートサービスです。
※参考:D&M社のプレスリリース

今回の連携により、サイト訪問者や自社の広告接触者に対して、手軽にアンケートを行うことが可能となりました。

Qwantz_連携リリース_挿入図


たとえば、

・どういった目的でサイトを訪問していたのか?
・買い物かごページで離脱してしまった場合、なぜ離脱したのか?

といった、閲覧行動の背景分析やオンライン広告接触者が、自社に対してどのような印象を持ったか?(好感度が上がったか、実際にサービスを利用したか)など、ブランドリフト効果の検証等のためのアンケートを直接行うことが可能です。

また、「AudienceOne®」の管理画面上でアンケート対象者抽出のための設定を簡単に行うことができます。対象者数が足りなかった場合は条件を緩和したり、対象者のボリュームが想定よりも多かった場合はさらに条件を追加してより細かいセグメントにしたりする、といったことが可能となっています。

 

まとめ

今回は、『マーケティングリサーチ』とAudienceOne®のオーディエンスデータの効果的な活用方法についてご紹介しました。
『マーケティングリサーチ』というと、高額な費用がかかるイメージがありますが、今回ご紹介したQwantzは小額からも活用可能です。この機会に試してみるのはいかがでしょうか。

 

またDACでは、Qwantzとの連携開始に伴い、以下のセミナーを開催いたします。参加無料となっておりますので、ご参加お待ちしています。

D&M_サムネイルアンケートデータを活用したAudienceOne®のさらなる活用術~ペルソナ設計から広告配信・効果検証まで~
 開催日:2020年10月23日(金)16:00~17:00  

 開催形式:オンライン(ウェビナー)
 お申込はこちら>>

 セミナー詳細はこちら>>

 

関連URL

AudienceOne®サービスサイト
AudienceOne®資料ダウンロードページ

 
なお、不明点等ございましたら、以下問い合わせフォームよりお問い合わせください。
何卒よろしくお願い致します。

お問い合わせはこちら

RECOMMEND関連記事


RECENT POST「広告主向け」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!