DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)とは?

DMPとは?

DMPとは散在するマーケティングデータを収集・統合・分析し分類・活用するためのプラットフォームです。あらゆるデータを一元管理することで新規顧客獲得のための施策から既存顧客へのリテンション施策をデータドリブンに最適化します。

DMPとは?

DMPで取り扱う2つのデータの種類とは?

DMPで取り扱うデータは、1stパーティデータ(自社で収集・保有しているデータ)」と「3rdパーティデータ(自社では収集することができない外部のデータ)」の大きく2つに分類することができます。

プライベートDMPとパブリックDMP

プライベートDMPとパブリックDMP

DMPは、自社保有データを集約・管理する「プライベートDMP」と、オープンな環境で自社/外部のデータを融合し活用する「パブリックDMP」に分類されます。

さらに詳しい解説はこちら

DMPのセグメンテーションとは?

DMPの役割の1つにセグメンテーション機能があります。収集・統合したデータを様々な切り口で可視化し、特定の条件でユーザーを分類することができます。これらを活用して顧客分析や各種マーケティング施策に利用することが可能です。

DMPのセグメンテーションとは?

国内最大級のDMP「AudienceOneご紹介資料」